容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

意味不明点??

  1. 2009/09/01(火) 13:52:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
 防衛省は31日、10年度予算の概算要求をまとめた。ヘリコプター9機を同時に運用できる海上自衛隊最大規模の新型護衛艦1隻の建造予算1166億円を計上。北朝鮮によるミサイル発射を受けたミサイル防衛(MD)システムの強化策として、地上配備型迎撃ミサイル(PAC3)を全国配備する関連経費944億円も計上した。総額4兆8460億円で本年度当初比3.0%増。

 新型護衛艦は、既存の最新ヘリ護衛艦「ひゅうが」同様の細長い甲板を持つ「空母型」。ひゅうがに比べ(1)全長は25%増の約248メートル(2)基準排水量は約44%増の1万9500トン(3)同時運用可能な対潜水艦などのヘリ数は5機増の9機(4)格納可能なヘリ数も3機増の14機−−で、既存の補給艦の半分程度の洋上補給機能も併せ持つ。災害派遣や国連平和維持活動(PKO)の洋上拠点としての機能のほか、潜水艦など戦力を増強する中国海軍を意識した構造となっている。

 PAC3は首都圏や東海から関西地方には配備済み。来年度には北部九州にも配備予定だが、北海道、東北、沖縄の高射部隊配備分も盛り込んだ。

 このほか、老朽化した74式戦車の代替として約20年ぶりの新型戦車58両の整備費561億円も計上した。


ヘリコプターを載せた空母(?)を使って何をするんでしょう。周と直下型地震への対応? 対潜? MD輸送用? 意味が判りませんね。それに民主政権の下で拒否に遭うでしょう。

なにしろ川辺川ダムのことを当然のように無駄だと言い切る民主党のことですから、小沢ユーゲントの下で拒否は免れません。

ところで、人吉盆地は昔から洪水の常襲地帯です。ダム無しでも様々な治水手法の組み合わせで処理できると言ってますが、漏れ聞くと川の流下断面は確かに満たしているように見えるものの、射流になっているという絶がありました。流れには常流と射流というのがあって、水道の水のように壁に当たると飛び上がるような強い流れの射流を前提に河川断面を決めるバカは居ません。川が曲がっていたら堤防を越えて行きますからね。
ちなみに、水の流れる量の計算は簡単で、A×V=Q 水道管などの面積A×流速V=Q(量)なのですから、Vをドンドン大きく取れば河川断面を小さくても良いなんてことになりますが、川底が削られたりしておおごとになります。
八ッ場ダムもそうで、ニューヨークの人口1人当たりの貯水量と首都圏では一桁違うようです。一度渇水したらおおごとですが、全容が見えないままマスコミが報じ、民主党他が鵜呑みにするのがコワイです。
それにしても、

空母のことなど議論する時、社民党が足手まといですね。分裂して二大政党になればイイのに。

出会い 掲示板
メル友募集掲示板

DTIブログって?